日本経済法学会 2020年大会(予定)

一 開催日  2020年10月17日(土) (予定)

二 開催校  大阪大学 豊中キャンパス
      会場は、基礎工学国際棟シグマホールの予定です。

         

三 大会次第 (詳細は未定)

1

個別報告(午前)

 次回、2020年大会で個別報告を希望する会員へ

 

2020年3月1日(日)~2020年4月1日(水)応募受付けます。

 

テーマ、要旨(2000字以内)、業績目録、略歴を記した書面を、
電子メールまたは郵便で事務局へ。

 

2020年4月1日(水)必着

 

2 総会(昼)

 理事選挙結果報告・会務報告・会計報告・次年度大会・その他

3 シンポジウム(午後)

 「独禁法のエンフォースメント」

 司会・総論
    「総論」
  泉水文雄 (神戸大学)


 報告
    「執行手段の多元化と共同規制を通じた独禁法の実現」
土佐和生 (甲南大学)

    「独禁法における課徴金の役割」
  河谷清文 (中央大学)

    「日本の企業結合規制の現状と課題」
田平恵 (埼玉大学)

 コメント
    
滝澤紗矢子 (東北大学)

    
小川聖史 (弁護士)

 ※上記のシンポジウムのテーマ、報告題目ともに仮題であり、今後変更される可能性があります。

年報(学会誌)について:大会の午後のシンポジウムに関する論文が年報に掲載されます。過去の会費が一定期間以上未納である会員を除いて、会員の届出済みの住所に直接送付しますので、住所変更があった場合は、必ず、事務局までお知らせ下さい
傍聴について:傍聴希望者は、当日会場に来ていただき、受付で傍聴手続をしてください。来場に際して事前の連絡は不要です。傍聴料は1名2000円(学生1000円)です。傍聴者については、会場にて年報を別途購入できるようにする予定です。
お問い合わせは事務局
[過去の大会開催校]


Copyright(c) 2020 Japan Association of Economic Law.