日本経済法学会 2018年大会(予定)

一 開催日  2018年10月13日(土) (予定)

二 開催校  名古屋大学 (予定)
                    会場は未定です。

         

三 大会次第 (詳細は未定)

1

個別報告(午前)

 次回、2018年大会で個別報告を希望する会員へ

 

2018年3月1日(木)~2018年3月31(土)応募受付します。

 

テーマ、要旨(2000字以内)、業績目録、略歴を記した書面を、
電子メール、郵便またはファクシミリのいずれかの方法で事務局へ。
(ファクシミリの場合、「日本経済法学会」宛であることを明記のこと)

 

2018年3月31日(土)必着

 

2 総会(昼)

 会務報告・会計報告・次年度大会・その他

3 シンポジウム(午後)

 「流通・取引慣行の新展開」(仮題)

 司会・総論
    総論的検討
川濵昇 (京都大学) (予定)


 報告
    (1) MFN/価格均等条項について
大槻文俊 (専修大学) (予定)

    (2) 選択的流通制度について
中川寛子 (北海道大学) (予定)

    (3) 条件付価格設定(リベート、バンドリング等)について
和久井理子 (大阪市立大学) (予定)

 コメント
    (1) 経済学の観点から
柳川隆 (神戸大学) (予定)

    (2) 実務の観点から
木村智彦 (弁護士) (予定)


年報(学会誌)について:大会の午後のシンポジウムに関する論文が年報に掲載されます。過去の会費が一定期間以上未納である会員を除いて、会員の届出済みの住所に直接送付しますので、住所変更があった場合は、必ず、事務局までお知らせ下さい
傍聴について:傍聴希望者は、当日会場に来ていただき、受付で傍聴手続をしてください。来場に際して事前の連絡は不要です。傍聴料は1名500円です。傍聴者については、会場にて年報を別途購入できるようにする予定です。
お問い合わせは事務局
[過去の大会開催校]


Copyright(c) 2018 Japan Association of Economic Law.